----Supported by----GREGORY FiveTen Cloudveil ROPEGUN Hitme
<   2005年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
スーパーセッション
c0028573_204445.jpg今日のB3
絶好調すぎて自らの強さを否定できないオーナー、ジロ様。そんな彼も脅威に感じるガキ共がやってきました。沖縄の天才ノブや、プロのマックスは以前から顔見知りですが、今日は岡山からの新顔=ダイスケもいます。あの二人が連れてくるってことは、説明する必要がないくらい強いってことです。<こういう信頼感みたなのが好きだな。俺らのつるんでる奴らはどこでも通用するみたいなさ、なんつうか、そんな感じ。>このメンツを前に尻尾を巻いたのは、リハビリ組の俺様とニュージー最強シンゴでした。そんな中、リハビリ組をイビリ倒して飽き飽きしていたオーナーのジロ様、彼らのただならぬフォースに本能(バカ)を刺激され、シゲルと二人で大騒ぎです。「おい、岡山!お前、すぐにセットしろ!」ジロ様は名前を覚えられません。そして岡山のダイスケがセットしたホールドを見てジロ様は仰るのです。「オメー、そんなの無理に決まってんじゃねーか!」でも高校生達はそんな言葉を冷静にシカトして高速セッションを開始します。あまりにも早すぎる回転数に、入る隙間をもらえないローカル共。入れない入れない!とボヤいているうちに核心を攻略しかけるノブ。<俺様は何度も忠告したさ。あいつらを普通のクライマーと同じに考えたらいけないってね。>もうジロ様の興奮は頂点感極まり、我慢していたビールを浴びて戦闘態勢まっしぐらとなります。「おい、マモル!次はオメーがセットすんだよ!」ジロ様は名前を覚えられません。マモルことマックスは、これまた不可能を求める高校生の需要に見合った難課題をセットします。ガソリン満タンのジロ様、今回はそう簡単に引き下がりません。傍観者と化したローカル共を尻目に、ひとり気をはきます。さすがは現時点で一番強いローカル、若干のリードを保ちつつ、セッションの流れを自分達に引き寄せようと画策します。<そうセッションは強いだけじゃダメ、いかに自分の土俵に引きづりこむかが一番楽しい。このことを最優先に考えているクライマーとのセッションは本当に面白いもんだ。>「おう、おう!次はオメーだよ!俺らの好きそうなのセットしろよな!」今回は年齢差とジム代を免除してやったという力技で流れを引き寄せます。もちろんノブだって指力が弱いわけじゃない、気軽にケンカをふっかけてきます。セットを見て後、俄然やる気を示すシゲルと俺様。流れがローカルに来たことを悟ったジロ様は勝利を確信しニンマリとガソリン補給。シゲルと俺様でカチカチのクロスを簡単に攻略し、核心のムーブを探ります。今一番強いローカルはジロ様なので、シゲルと俺様で道を作るのです。「どんなに卑怯でも、どんなに泥試合でも絶対勝ーつ!」凄まじい気合いのジロ様。核心をすぐにでも攻略できそうになります。それを見たノブも負けじと核心へ突っ込みます。<ジロ様とノブ、この二人は良く似ている。天然てことだけじゃなくて、クライミングのスタイルもそっくりな気がする。ネジが飛ぶタイミングが同じなんだよね。>あー弱いってやだなとしみじみ思う最高のセッションです。<せっかくスローパーの一級を2本も登れて順調に回復してるって思ってたのに。>ここからはジロ様の思うがまま、過去に設定されたイタイチイサイゴミカチホールド連発課題を突き付け、高校生をどん底までイジメぬくのです。このセッションにB3秘密兵器のオミさえ居れば、こんな事態は避けられたはずなんですが。

無限エンジン、このセッションは朝まで続く、はず。
[PR]
by b3plus | 2005-03-29 23:44 | 登る
ジロ様

注意!:音が出ます。再生の際はご注意を。
再生にはQT6.5が必要です。

外岩に行ってきた。
スカイフッカーズは、居候先オーナーが第二登。
B3のオーナーが余裕で第三登。
ムービーはプロジェクトのカンテを攻めているB3オーナー。
スリップして激悪ランディングに背中から落ちて行く。
下にはデッカい岩と、倒木が待ち受けており、打撲多数、側頭部強打。
軽傷だ。

みんなで知恵出して頑張った。
c0028573_22481530.jpg

[PR]
by b3plus | 2005-03-28 00:00 | 登る
順調かも
最近、B3日記だな。

 今日もボルダリングジムB3に行ってきました。オーナーの一人が、花粉症仲間になりました。くしゃみと鼻声が飛び交う、衛生環境でした。どっかぶり師匠とも久しぶりに再会し、身になる話をたくさん聞けました。B3/2003年度チャンピオンは絶好調で、たくさんのプロジェクトを片付けていました。ミンナに付いていく為、力をしぼりきるセッションでした。充実感で満たされている内は、復活なんて程遠いと感じました。

春の東京、暖かい日はもちろん、花粉地獄。
[PR]
by b3plus | 2005-03-26 23:04 | 登る
道子から写真
c0028573_18244971.jpg
 こんなキレイな岩が近くにあるなんて、うらやましい限り。

九州は地震で大変だと聞いていて、今回の旅に支障がないかとても心配です。危険の予想される岩場もいくつか頭に思い描くことができる程なので、ローカルの確認作業を待って、冷静に判断できればと思っています。

知り合い縁者に限って言えば、深刻な被害は出ていないようですが、気軽に遊びに行くような行為は慎まなければ。
[PR]
by b3plus | 2005-03-25 18:24 | 旅る
B3
c0028573_18223842.jpg
 現在メンバー全員、絶好調。ホールドも一新されて、とってもいい感じ。やる気にさせるホールド配置といいましょうか、この内容なら皆のレベルアップに役立つことでしょう。

マンガパブB3では、ビール/焼酎を用意して、皆様のご来店を心よりお待ちしています。
[PR]
by b3plus | 2005-03-24 23:22 | 登る
ノックダウン
 卒業式ですね。

 有名な学校、無名な学校どちらを卒業しても、社会性や世間体を誇る程の見識は身に付かない。それは卒業式を祝う保護者にも言えることなので、どうも国民性のようだ。大切な見識が欲しければ、外から眺めよう。ステータスで判断するような人間にはなりたくないから。

鼻にとまった鳥がやたらうるさい一日。
[PR]
by b3plus | 2005-03-23 23:06 | 旅る
ただいま
 本日、帰京して初のクライミングに行ってきました。
行き先はもちろん千葉県流山市にあるプライベートジムB3です。集まってくれたミンナは、前日の御岳で疲れているはずなのに、体に鞭打ってセッションしてくれます。俺様はといえば、冬の間さぼり続けた2年間の負債を抱え、最初の5トライ程で何もできなくなるは、花粉症との戦いに敗北するはで、全くセッションになりません。しかし周りを見渡せば、この2年間の成長がしっかりと感じられる、そんな 〜引だしの増加とか〜 トライが繰り広げられており、自分のふがいなさにいたく傷つくのでした。想定していたこととはいえ、ここまで通用しなくなっていることにはかなり考えさせられました。とりあえず九州にたどり着くまではリハビリと考え、毎度のことですが以前の強さ以上の物を獲得できればと考えることにします。

 しかしジムに通うミンナの成長が、変人オーナーのモチベーションを刺激し、かつて無い程の強さを発揮させている様は、何とも言えない怒りを誘発します。ま、何を言っても仕方がないので、珍しく自分の強さを否定しない彼には、しばらく鼻を伸ばしておいてもらいましょう。

いつもの通り、怒りを糧に新たな進化を目指す。
[PR]
by b3plus | 2005-03-21 23:17 | 登る
先生
 居候先オーナーの交友範囲の広さは特筆すべき物がある。

 今日クライミングに行く用意をしていると、オーナーの友人、俺様は彼をジーニアスと呼んでいる、その彼が近くまで来たからということで遊びにきた。北海道へ旅立つ直前に会って以来なので、2年ぶりということになるが、その洞察力と論理的な思考には一層磨きがかかっていた。本当に少しの時間ではあったが貴重な会話、いや、その教えは救世主の復活を見るがごとく嬉しかった。ネットだなんだと言っても、この世の中はかなり広い。頭が良い以上の能力を持つ人と出会うチャンスはそうそうない。俺様の性格から考えても、こんな会話の機会を持てること自体が奇跡だ。この先、奇跡が無駄にならん様に、良く吟味して行動しようと、また思う。

そんな窓口になってくれる人達との出会いで精一杯。
[PR]
by b3plus | 2005-03-21 17:19 | 旅る
並み
ジャンルを問わず、そう、文科系だろうと、体育系だろうと。

俺様は“プロ並み”て言葉が嫌いだ。
いや、正確に言えば”プロ並み”て言葉を使う人間が嫌いだ。ここで誤解が無いように言っておくならば 〜師匠の言葉を借りれば、行間を読めない奴らだらけだからさ、この世の中って奴はよー〜 相手が誰だろうと噛み付く気合いは好きだよ俺様は。だけど気軽に「俺のスノーボードは”プロ並み”だぜ。」なんて言っている奴らてのは、そもそもそのやっているジャンルをバカにしているね。ここでプロとは何かを定義付けする気はそもそも意味を持たないがな。(まー給料泥棒なんて呼ばれる社会人もたくさん存在する位だから)でもメーカー、総代理店、ショップ、相手がどこであろうと、サポート内容に関わらず、その作品や行動に対して対価を払う人がいるという事実を見ることもなく”プロ並み”なんて言葉を使うなってこと。もしどんなに上手かろうと、そりゃ世界に誇れるくらいのレベルであっても、使わない方が身の為だ。すげーカッコ悪い。「俺の技術ではプロにはなれない。」て言ってるのと同じことだ。わかるか?

人に影響を与えるってことがどれほど大変か、利用する側もしっかり考える必要がある。
[PR]
by b3plus | 2005-03-20 22:30 | 駄文
実体験

成果主義が叫ばれるようになって、一番喜んだのは誰か?
[PR]
by b3plus | 2005-03-19 23:00 | 駄文