----Supported by----GREGORY FiveTen Cloudveil ROPEGUN Hitme
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2005年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
不思議の国とは?
 アニメが社会を映す鏡なら、アニメが子供のモノだとするならば、ただ、粉以外のメッセージは無かったのだろうか。

 絵本収集癖のある親父の趣味とも思えない、ディズニーアニメ、もしくはそれに準ずると思われるタイトルの数々は、時代に取り残されるベータを買ってしまった我が家の宿命だったか。
 代表的な冒険アニメ“ピーターパン”なんてのは、お子様時分にはピッタリだった。大人になった今、好きになる映画と比べてみても、好みが変化していない、成長していない。粉をふれば空を飛べるんだ!イーだろう!内容なんてクソ食らえ!ひたすら楽しい冒険!副作用なんて知るかってのを簡単に説明するとこういうことでしょう。バカなガキなら、この位のブラックさは影響したりはしないね。

 そのズラリなアニメは、見ていて苦痛な物が多い。中でも“遊星からの物体X”とならんで絶対に見たくない、恐怖アニメトップ3というのがある。“指輪物語”と“ダンボ”そして“不思議の国のアリス”だ。俺様の人格形成に大きな影を落としたアニメである。これらのアニメが、なぜ、ピーターパンやピノキオと同じアニメだというのか、まったく理解できない。今すぐR指定対象作品にしてもらいたい。

第3位 “指輪物語”、実写化されて話題になった“指輪物語1・2・3”なんか、比にならないし、なんの迫力も感じない。アニメの構図そのままだし、というかCGというアニメなのに、あの漂う暗さと恐怖感まではコピーできていない。ブラックライダーが迫るシーンなんて、いや、合成技術がそうさせるのか、今も怖くて振り返ったくらい、恐い。お、偶然テレビで“ネバーランド”の話してる。ジョニー・デップ、カッコいいな。もう少し出る映画を選んでくれよ。もう海賊はいいから。

第2位 “ダンボ”、誰に聞いたって共感してもらえないアニメ。“指輪物語”のアニメと違って、普及率、認知度も半端じゃない。ディズニーランドじゃ、ある意味重要な役割を与えられているし、ファンも多い。でも俺様にとっては、あの着グルミが死角にいやしないか気になって仕方がない、ビビリまくりのキャラクターだ。それ程の衝撃をくれたシーンはといえば、アニメの中で弱いダンボが見た夢。それは、信じられないくらいにシュールな夢。ピンクの象が次々現れ、弱いダンボを囲んで脅す夢。ピンクの象が群れを成し、不気味な歌声と共に伸縮膨張を繰り返す夢。噛みすぎたガムみたいな、ピンクの象たちが爆発する夢だ。見ろ、観ろ、ミロ!ここだけでいいから。

ディズニーランドで、このピンクの象達が、巨大な竹馬で表現されていた時には、恐怖と感動で泣けた。表現する必要あるのか? 

第1位 “不思議の国のアリス”が、上記アニメ2作と決定的に違う点がある。ダンボの夢はほんの数分だし、指輪はブラックライダーを警戒すればそれ程でもない。ただ、アリスは全編通して、<ダンボの見た夢みたいな>ひたすら軽くて理不尽な試練が、延々と表現されている。シティーボーイズの笑いというか、包丁の刺さり所が悪くて、中々死ねないという感じが他の2作品にはないんだ。まずは、真っ暗な夜道を歩くアリスの前に現れる犬だかライオンだかのシーン。弱そうなアイツが、アリスの歩く道をヒゲと尻尾で消してしまう。それも淡々と。アリスは一体どこを歩けばいいの。あー、恐ろしい。文章にするだけでも怖い。次、次。次に怖いシーン。今度は直接的なシーン。セイウチだか、トドだかの伯爵だか男爵、騙りかが、牡蠣の赤ん坊達をぺロリと喰うシーン。残酷。悪逆非道。三銃士と同じ、ディズニーの作品とは思えない。次。終盤に出てくる女王陛下。あの「クビヲーハネーッ!」という金切り声は、母親に怒られているような凄いストレスを感じる。苦痛。というか、全編通して、肝心のモンスターが出てこないスプラッター感覚が満載のアニメ。
ちなみに、女王陛下のレストランは感慨深い。ここかー、と思って見渡してしまう。あの金切り声が無くてよかった。

水タバコでぶっ飛んだイモ虫がお前か?パレードには出なくていいから。
[PR]
by b3plus | 2005-01-30 01:18 | 観る
くこうほりよみう
よればんがーま
なるれすわをきてくものいだいさ
ぞるぎすやはゃにるすおかのえまょちっい
てっがやいいかとるてえうにンョシッセ
かうろだいなゃじいせたっぼのでムジうのき
すでうそたっかなれぼのをカルハんくみう
[PR]
by b3plus | 2005-01-29 18:52 | 登る
地方放送
 北海道と一部地域で、深夜放送されているNoMatterBoardっちゅうスノーボード番組がある。ずいぶん前から放送されていたらしいが、俺様が北海道に来た年にリニューアルされたんだと。内容が変わる以前の映像を見る限り、MC及び番組構成の変更は、正しかったと思う。詳しくはいわねーが、技術偏重の番組構成にヘドが出そうて感じ。しかし日本における、マイナースポーツ定着の変遷、ということも理解できなくはないので、仕方が無かったんだなと、大人なフリもしてみるか。
 リニューアルされてからの内容といえば、新MCのキャラクターとも相まって、スノーボードのファンな部分をポップに引き出せていると思う。特に記憶に残るのは、「ローカルの案内による」的な、スタイルに根ざしたスノーボード企画を毎週はずさず、堂々と、あくまでポップに、電波に乗せていることだ。過去にビデオや雑誌等で、こういった手法が数多くとられてきたことも事実だが、そういった媒体群と決定的に違う点は、放送である、ということ一点につきる。企画から撮影・編集を、--MC:プロスノーボーダー松井氏のイメージを壊さないように-- 他人(製作会社)が進めていくことこそ、他の媒体にはない難しい点である。
 MCの実力がどうとか、紹介されるライダーがなんだとか、異業種の俺様にはワカラネー。ただ、これだけ長い間、技術がどうとか順位がなんだとか、一言もない番組構成に、嫉妬に近い羨望を抱くのも事実。ま、番組の成り立ちの為には、視聴者側の成長(教育洗脳)があってこそだし、各媒体を通して、こういったスタイルが当たり前だと感じる下地を整備できたことを評価すべきかもしれない。これからも、地方放送の利を生かした構成を期待しているので、リザルト発表なんてコーナー、絶対にやるなよ。んー、松井氏のキャラ頼みだから、絶対にやるわけないか。

 いくら彼に影響されたとしても、あのゴーグルだけは絶対に買わんぞ。
[PR]
by b3plus | 2005-01-28 03:19 | 観る
ジムにて
冬になると、学力が著しく低下し、担任を悩ましていたナオです。

春(決して雪解けを意味しない)になれば、年間通して数少ないベストコンディションを求め、外岩へ殺到するのが北海道。去年の今頃は完全に冬眠してしまい、春のクライミング復帰が、どれだけ苦痛だったか、思い出すのも辛い。そんな経緯もあって、今年は冬眠しないことを目標に、すこし頑張っています。といっても外気温と変わらないジムに行くことが、どれだけ恐ろしく、モチベーションを必要とするか。言ってもわからないだろうなー。なので年末から数えて3度目のジム。室内と言えどもインサレーションの類が必要、トライしつづけても体がカチカチなのには閉口。フィジカルな進化を全く期待できません。御岳で雪が降る中トライしていたことも、今では「子供だましだな」位にしか感じない。そんなこんなで、今日は動物みたいなテツロウに完敗です。グーの音も出ないくらいに完敗です。早いところ、6℃くらいになってくれないだろうか。このままじゃ、本当に退化して、遊んでもらえなくなってしまう。

今日も明日も、マイナスが当たり前の真冬日。
[PR]
by b3plus | 2005-01-28 00:48 | 登る
注意!音が出ますよ。

百万回トライと言えば、去年の海君です。
携帯電話一時復旧に伴い、テスト公開いたします。
肖像権など持ち出さないようお願いね。
注意:音が出ます。勤務先の人は決して再生ボタンを押さないようにしてください。
見られない人は、QuickTime6.5をインストールしてください。

あまりたいしたもんでもないですから、無理して見る必要もないでしょう。
[PR]
by b3plus | 2005-01-26 15:50 | 登る
猛威
 人は誰しも、自分以外を思いやることはできない。
毎年そう感じる時期が近づいている。いや、東京にいたらば、もう今ごろは鼻水と涙、強烈な眠気にやられているはず。今年は殺人的な量が飛散するらしいからね。我こそはの、重度花粉症持ちとしては、マスコミの殺人的という表現に、あながち誇張を感じない。直接花粉が死因とならないまでも、間接的なかたちで、ホントに死人が出るんじゃないか?とも思えるから。でもこんな話、そうでない人にとってはどうでもいい話。例え画面をはさんで、苦しんでいる人がいても、ここは北海道。海を越え、愚者の代弁者達が花粉の飛散で大騒ぎしているころ、北海道では雪解けアスファルトを心待ちにしているのだから。
 自分を含め、見たこと以外は信じない、聞いただけでは信じない、考えることを放棄した、視覚のみで生きている人間を、他人と言う。

~知らない人の為に、世間で言う花粉症とは。~
子供をオーディションに送る親バカと同じ。「私の症状が世界で一番重い。」で口論となるので、大抵は嫌いな上司のほうが重症という診断になる。ただ、嫌いな上司もこの時期だけは弱みをみせ、期間限定の新派閥ができたりするので悪いことばかりでもない。
[PR]
by b3plus | 2005-01-24 23:18 | 駄文
最高のセッション
c0028573_20502952.jpg 近々白石の壁が撤去されるという噂を耳にし、なくなる前に一度登っとこうて感じでジムに遊びに行きました。冬眠癖をどうにか矯正したくて、必死の思いでジムにいきました。案の定リハビリにもならない位衰えています。ペキンパニック時の課題も触ってみるけど、お話にならず。別人がセットした課題に見えてくるから面白い。ま、愚痴っていても仕方ないので、過去にセットしたランジをバカバカ飛びまくり、その後1Qの課題をセット。もうこの時点で体が言うことを聞かなくなり始めます。これ以上ハングはダメだと見切りをつけ、薄カブリにチムニー課題をセットします。周りにいた人たちを巻き込んでのセッション。2Q~1Qくらいか?久しぶりにセットした課題にしては面白いです。北海道では考えられない人数での巨大セッションとなりました。チムニー~スローパー持ち変え~マントル返して~終了、というクラッシックなネタ。終了ムーブを如何にするかで少し悩みましたが、石野さんの「やっぱマントルでしょう。」の一言で決定です。しかし、程よく疲れたみんなの体には、全身のテンションを必要とするムーブの連続はきついはず。最後のマントルもキツイが、スタートのチムニーも侮れない。なんせ疲れる。落とせそうで落とせない状況がひたすら続きます。みんなスタミナの限界って感じで、ギリギリのムーブもプライド捨てて頑張ります。元気な時に登れば、なんでもない課題かもしれないけれど、このセッションでの勝利を目指して闇雲に百万回トライ。いじけて他の課題に逃げたりしない彼等がカッコいいのか、引力を発生させた彼等がすごいのか。こんないいセッションのできる場所が無くなるのは、少し惜しいなとも思えてくるが、ま、仕方が無いですね。
 結果はといえば、ドデカイ入道と共に、大西君がガッチリ決めて勝利。猛者、石野さんと続き、ナオは惨敗しました。面白い課題をセットしたって登れないんじゃカッコ悪い。反省します。北海道、悔しいランキング3位決定。しかしテツロウのお勧めボルダラー、石野さん、大西君のカッコよさは凄まじいな。やる気がでるでる。次は負けませんよ。
[PR]
by b3plus | 2005-01-23 21:20 | 登る
NaoからNaoへ
年末に健さんと懐かしんでいたマッキー。
今日、久しぶりに彼からメールがきた。
まだカリフォルニアでサーフィン三昧だと。
アメリカの海岸で入浴禁止にならないかと心配していたので、一安心。
ぜひ帰国の際には、北海道でも暴れまわって欲しい。
サーフィン、パウダー、ボルダリング。
全てが揃っているカリフォルニアには遠く及ばないが。
今ならもれなく、灰色の空模様付きでビザいらず。

ところでバリカン持って行ったの?
[PR]
by b3plus | 2005-01-21 12:43 | 旅る
オルガノエリア
地元の記憶に無い程の連続時化記録。

 そんな悪天候も一段落して、すっきり凪いだ海面を眺めながら、雄冬へと向かう。
今回の目的はオルガノエリアに入れるかどうかの確認が主眼。マックスが来た時に、ガーデンに入れなかったらショックだろうからね。“海と海”なら奴も満足するだろう。
 雑木の林であるオルガノエリアは、以前からずっと、雪がたくさん積もっているだろうと思い込んでいて、確かめたことは無かった。しかしオルガノに入って感じたことは、車から看板課題である“海と海”までの距離。例え雪深く、壺足だとしても、これだけ近ければ全く問題無い。スノーシューが無ければ怖い思いも多少あるが、逆に壺足なら木々に邪魔されずに進むことができる。乾燥期のアプローチと大差ないことは保証するよ。
c0028573_1334543.jpg 到着してみて思ったこと、スゲーキレー。
雪の反射でハングがとても明るく、今までやる気の出なかったロングバージョンがかなり魅力的に見える。トライしていないのでわからないが、V7~8位にはなると思う。そして初登時そのまま、どのホールドにも水気無く、最高のコンディション。下地の積雪も少なく、かき出す必要も無い。ただ心配なのは、これ以上の降雪でリップから雪が落ちること。まーどちらにしてもホールドに雪が付くことは無いだろう。やらなきゃ損。下から見上げれば、アンダーホールドにしか見えない外引ホールドが待っている。

c0028573_14312286.jpg←10月に“海と海”を海と一緒にトライしていた時の感覚は、他の人達とのセッションとも違い、また別格。そういえば二人だけのセッションは、この時が初めてだっけか?いまだにこの時のセッションが忘れられない。本当に最高のセッションだった。金星マン改め、スカンピン池田氏の言葉も忘れられない。「おい海、ナオの顔が変わったド。」ホント、伊達にカメラ構えているわけじゃない。映像に携わる人間にとって、一番重要な能力が、とても高い人である。最初は海にぴったりのこの課題、彼に初登してもらおうと思って紹介したのだけどね。海のトライ姿が本当にカッコよくて、引き込まれてしまった。トライしたらしたで、あ、サイコー、て思ってしまって。本当に節操なき醜態。ごめんな。

でも最高のセッションだったからいいよな?
[PR]
by b3plus | 2005-01-16 23:31 | 登る
ハラランド?
c0028573_1225887.jpg 増毛の晴れは、目が開けられないほどの神々しさ。前日までのドカ雪も一段落して最高の雪投げ日よりだ。張り切って屋根に上がり、上から全部の雪を落としてやった。どこまで大量の雪を1度きに落とせるのか。そんなくだらないことを意識して必死にやった。気付けば、裏庭には2羽鶏はいないけど、巨大な雪山ができ、スカンピン邸の1階は完全に埋まっていた。結局、雪山はそのままに、スカンピン池田氏と二人、ガスボンベと家の救出だけを考え雪投げを敢行す。そしてさらに成長した巨大な遮光雪山。壊すには惜しい存在感、と言うよりもBMXで屋根から飛ぶには最高のランディングバーン。カヤックもいける。向かいの家にはクウォーターパイプが見える?原ランドならぬ、池田ランドの完成か。武器を持って集まれ、成年。
[PR]
by b3plus | 2005-01-14 20:21 | 飛ぶ