----Supported by----GREGORY FiveTen Cloudveil ROPEGUN Hitme
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:登る( 53 )
プライベート
c0028573_1923970.jpg

7月にオープン予定のプライベートジムです。
予算はイッセンマンを超えるとのこと。
あくまでもプライベートジムです。

手伝ってきましたが、広さに萎縮。
[PR]
by b3plus | 2005-06-16 17:02 | 登る
また本店
あったけー。

外に出てみれば、21℃の札幌。
半袖、半ズボンで愛車にまたがり、本店にいきました。福岡から届いた梅雨入りを呪う言葉とは、比べ物にならないほど素晴らしい天気です。下り専用クソ重たい愛車も苦にはなりません。

お得意のカンテ形状を利用した1Q設定しました。
最近ガバとスローパーしか触ってねー。
[PR]
by b3plus | 2005-06-02 23:11 | 登る
最後の
c0028573_123406.jpg

今シーズン、最後のリフトアプローチ。
「本来ですと、滑走器具が無いと受け付けできないんですよ~。」
先週、優しく指導を受けていた為、全員“板”持参で完全武装です。が、ただヒトリ、ブーツを履きマットを背負い、板を持とうとした瞬間、ハタと気付くのです。

「・・・滑走器具を持参したのですが、金具を忘れてしまいまして・・・」

 先週来た時にはたっぷり残っていた悪雪も、根曲がり竹ジャングルとのせめぎ合いで、かなり勢力減退されています。その噂の、数ヶ月もひたすら押しつぶされていた根曲がり竹が(信じられない程の生命力だよ、まったく!)強い日差しで緩んだ雪を跳ね上げ、ガサガサガサーなんてやるものだから、ビクビクのドキドキです。

すわ、親子熊。

この性悪根曲がり竹が、岩への進行を阻む為、残雪期でないとボルダリングができないんです。新雪期はそれこそ遭難してしまうから、雪が自重で固くなった残雪期に遊ぶんです。ホントにハンパじゃないんです。侮れないんです。もうすでに背丈を超えているんですから!先週までは見渡す限りの雪野原、来週には見渡す限りの根曲がり竹。

すわ、ヤリブスマ。

 先週見つけた別の岩。皆で掃除して打ち込んでいます。しかし俺様、カゼの一週間を引きずり、ひたすら気持ち悪い。気を紛らわしに岩探しへと出かけます。酸化した滑走面と悪雪が最高のコンビネーション、シール無で登りも行けることだけが気がかりですが。
 ひととおり滑って遊んで、仮想熊にビビリ帰ってくれば、セッションも盛り上がっていて、課題2つを初登目前です。さっそく撮影隊に志願します。岩の向かい、豪雪地帯特有の複雑に曲がって伸びる白樺を登り、美しい山を眺めつつ、昼寝をしつつ、肝心の初登シーンは狙えておらず。カンテに一本、ランジ一本できたのはいいが、次来るのは一体イツになるんだろう。

しかしスカンピンは物知りだ。
c0028573_16515791.jpg

[PR]
by b3plus | 2005-05-29 12:03 | 登る
ほんてん
今日、本店に移ったばかりの、噂のクライミングジムに行ってきました。

カゼをひいていて、思ったようなクライミングはできませんでしたが、2Qを1本と1Q~初段を1本設定してきました。コンペの為に外されたホールドばかりでスカスカの状態でしたが、壁の形状から大まかなメッセージが見えました。高さがある壁っていいよなー。

まずは形状に慣れなきゃならない。
[PR]
by b3plus | 2005-05-25 23:38 | 登る
ハッピー
朝。
「ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン」
「登りに行くぞ。」

いい天気。
さすがの北海道もここ2、3日の陽気で、若葉が芽吹き、桜が咲き誇っています。そんな中のスキー場、パウダージャンキー北海道だけあって、誰もいないかと思いきや、着いてみればスキー場には人人人。ゲレンデも駐車場もいっぱいです。今年は冬がやたらと長かった為、雪解けが遅れ延長営業とのことでした。リフト1日券が1500円です。べたべたで土混じりの雪でも、皆様快適なリゾートライフ?を満喫されておりました。

でもでも、2月の神立、苗場なんかよりもイイ雪。
c0028573_23362094.jpg

昼過ぎ。
いざリフトに乗ってアプローチ。岩まで5分。以前から遊びの対象としている岩は、デカイヌシとその周辺に限られていましたが、今日は別に目を付けていた岩を中心に散策です。所々雪がゆるんでいて危ないヶ所もありましたが、順調に岩を見てまわります。まだ積雪がメーター超えの部分もあり、正確な岩の規模がわかりませんが、結構な大物をいくつかみつけました。中でもひときわ目を引く岩は、上下3個に別れており、別々に楽しめる大物でした。一見ガレガレの岩はホールドだらけで、登る対象になるかも怪しいのですが、実際にクリーニングをしてトライしてみると、逆層、ツルツルシッカリホールドと、決して侮れません。結局2人で、下岩(3メートル超)に2本と、上岩(5メートル位?)に2本設定できました。天気も良く、ユルーくクライミングしてみたり、ハッピークライミングでした。

行き帰りのゲレンデ歩きはとても楽しい。
c0028573_23485482.jpg


寄り道。
最近、有名な温泉地では無料の足湯(太郎の湯)が流行っているそうです。子供達に混ざって足を突っ込んでみます。ヤケドするかって位熱い。ズボンずぶ濡れで足湯に浸かる子供達に、ダイナマイト・ジャンケンを教えたら、逆にブラックホール・ジャンケンを教えられました。悔しいので“シムラケンナオコ・ジャンケン”を教えようとしたらそっけなく流されてしまいました。

20代をつかまえて、オッちゃんと呼ぶガキは呪われろ。
c0028573_23375013.jpg

帰り道。
色々とお世話になっているスノーボードショップに立ち寄り、新しく完成したクライミングウォールで遊びます。ここのバカなガキドモの成長は著しく、先入観なくクライミングに打ち込むことがこんなにもカッコいいものかと思い知らされます。上手い下手関係なく、自然にセッションができるなんてイイ環境。ハチャメチャな登り、勉強になります。次は奴等も板持参で登りに連れて行こうっと。

去年の今頃、親子熊が出たよ?
c0028573_2339130.jpg

[PR]
by b3plus | 2005-05-23 01:40 | 登る
壊れた
右手が壊れた。

2000年に、それまで休止していたクライミングを復帰して出たデッカイイベント。このイベントで、B3オーナーと共にはしゃぎすぎて、二人とも右手が使い物にならなくなった。肩、肘、手首、右手全部。何より飛ぶことにこだわっていた時期で、本気で飛べなくなることがかなり寂しかった二人。各関節を伸ばすことで距離を稼いでいた、無茶なスタイルと共に、それ以来二人は本気で飛ぶことを禁忌としてクライミングを続け、ケガを庇うことで新たなスタイルを生んだ。もう直ったと思っていたのだけれど。

今思えば。
壊れる兆候は九州ツアーからあった。 “梅” ではE氏もB3オーナーも静かな右手の負担を気にしていたし、糸島の美しい理不尽課題 “フォー” では右肩がイギッ!てなった。先週の発見も肉体への負担を増やすキッカケになったようだ。最近のジムでの、脳が理解できない程動けるという状況、単純に危険てことね。再確認。

先週から続く痛み。
昨日の雄冬では既成課題 “海と海” (1/16参照)の純粋なシットダウンにこだわってやってみたけれど、1手増えるだけで組み立てが変わるもので、スタートから2手は以前よりわかりやすいムーブになった。しかしそのせいで核心に迫ってからの動きが、初登時よりも難しいモノになってしまった。また右手外引きの理不尽なムーブだ。さらに初登時よりも無茶なムーブ。今この時にも首、肩、肘がとても痛い。死ぬほど柔らかい肩関節が売りなのに、右肩だけは頭より左に曲がらなくなってしまった。関節が緩んでダルンダルンしてる。

故障なんて久しぶりだ。
自分に無い動きを模索したからこその故障。これがまた新しいスタイルのキッカケになると思うと、身体への興味は尽きない。

ますます平均点が下がる。
[PR]
by b3plus | 2005-05-17 16:14 | 登る
海と海


注意!音が出ますよ!
見られない人は、QT6.5以上をインストールしてくださいね。
Win用の7.0はもう少しかかるようです。

携帯データ重いから、リアルタイム更新です。
15:00まで結構な勢いで雨が降っていたので、スカンピン邸のカスタムカーを借りて遊びます。今度は人を集めてレースやりますよ。

c0028573_2164181.jpg
遊びも終わって勇ましい背中。

c0028573_217695.jpg
増毛町と言えばエビ。
たらふく喰って吸いまくりました。
今回は居酒屋“忠”の甘エビ丼です。

c0028573_2172484.jpg
増毛町と言えば夕日。
今日も素晴らしい夕日が見られました。
[PR]
by b3plus | 2005-05-15 14:59 | 登る
ふうてん
c0028573_20201084.jpg
 もし初登であるならですが、課題名は“瘋癲”(フーテン)です。正解ムーヴを探ることが核心の、とても美しいラインです。どのホールドのお友達ポイントも全て完璧に理解した上でのトライだったので、よどみの無い満足のいく完登でした。

c0028573_20201291.jpg

[PR]
by b3plus | 2005-05-08 20:20 | 登る
今日も
c0028573_145991.jpg 素晴らしくピースな雰囲気漂うモッタ。
難易度だけを求めるアスリートどもは、暗いエリアから出ずに頑張ってくれ。

今日は美しいラインマニア達の素晴らしいセッションが俺様のやる気を刺激してくれた。狙っていたプロジェクトは、正解ムーヴを発見したら難しくなかった。理想のムーヴでできたらとは思うけど、それはそれ。でも美しいラインと充実した内容にゲスト達も納得したみたい。

キタネー課題で本気を出せるワケないだろう。俺様に平均点を求めるな!
[PR]
by b3plus | 2005-05-06 17:04 | 登る
復活
失効まで2日、自動車免許の更新してきました。

 指だけは、いや正確に言えばジブス力だけは、以前の6〜7割程度の充実感を得るに至っている。インカットした大きめのガバカチやスローパー系なんかは、相変わらずてんでダメなままだし、片腕懸垂なんか復活の兆しもない。そんな状況下、セッションに勝利しようと思うと、どうしても唯一の武器に頼ることとなる。今日セットした課題は何年かぶりに難しい。一手だけで初段のムーブが4連発する、ジブスでドーンな課題だ。僅差とはいえ、久しぶりの優勢勝ち。壁形状とリーチ差も考慮したセットに傑作の予感がする。一級のつもりでセットしたジャンボ系リーチ課題も上手くはまって、これまた僅差の優勢勝ち。でもホールドがデカすぎてスタミナ切れになるようでは、たまたま勝てただけのような気がする。でも夏秋以来の勝利に少なからず手応えを感じ始めている。これから気温もグングン上がるし、太陽光線が日増しに強くなるにあわせて俺様の能力も上がるだろう。

今日はなんだかいい日だな。
[PR]
by b3plus | 2005-04-05 23:46 | 登る