----Supported by----GREGORY FiveTen Cloudveil ROPEGUN Hitme
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
かべ
c0028573_1753668.jpg 今日はBST崎さんと一緒に、札幌市は南区藤野にあるスケート・スノーボードショップに行ってきました。このお店のオーナーは俺様の大大大恩人でして、さらには情熱の塊みたいなお人。なんでも店の外にクライミング壁を設置したいんだということで相談がありました。今まで何度か似たような依頼を受けたことがあるので、そういった経験を交えつつお話させていただきましたが、今回は心強いことに“職人ザキ”の技術的アドバイスがあります。大まかにとは言え、予算から見積もりまでその場で出せてしまう速度感。専門の施工業者でもないのに、斬新なアイディアと徹底的なコストダウンは情熱のなせる業なのでしょうか。

結果を言えば、まずは店内に壁を設置してどういった風景になるか見てみようということになりました。天井は低いけれど、高さに見合った傾斜を調整することと、トラバース主体にすることで、初心者から上級者まで遊べる壁になるでしょう。別に本格的なジムにするわけではありませんが、ここに集うスケーターやガキどもが馬鹿騒ぎするような壁になればと思います。ただ断言できることは、かつて俺様が親父と通ったジム、そうそうたるメンバーがひしめき合った東京下町のジムは、このお店の壁面とほとんど変わらないスペースだったのです。

そう、ナイター設備がある学校でも甲子園に出られるわけじゃないのよ。いかに楽しむことにストイックになるかが重要なのね。スタイル競技出身者の負けず嫌い度が半端じゃないことを俺様は痛いほど知っている。上昇気流の作り方をしっている人種と言える。そして変な固定概念に毒されていないユル~イスタイルで、アっという間に上手くなりこう言うのだ。

これスケートと同じッすね。
[PR]
by b3plus | 2005-02-08 22:03 | 登る
<< コピーについて ジムクライミング >>