----Supported by----GREGORY FiveTen Cloudveil ROPEGUN Hitme
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最高のセッション
c0028573_20502952.jpg 近々白石の壁が撤去されるという噂を耳にし、なくなる前に一度登っとこうて感じでジムに遊びに行きました。冬眠癖をどうにか矯正したくて、必死の思いでジムにいきました。案の定リハビリにもならない位衰えています。ペキンパニック時の課題も触ってみるけど、お話にならず。別人がセットした課題に見えてくるから面白い。ま、愚痴っていても仕方ないので、過去にセットしたランジをバカバカ飛びまくり、その後1Qの課題をセット。もうこの時点で体が言うことを聞かなくなり始めます。これ以上ハングはダメだと見切りをつけ、薄カブリにチムニー課題をセットします。周りにいた人たちを巻き込んでのセッション。2Q~1Qくらいか?久しぶりにセットした課題にしては面白いです。北海道では考えられない人数での巨大セッションとなりました。チムニー~スローパー持ち変え~マントル返して~終了、というクラッシックなネタ。終了ムーブを如何にするかで少し悩みましたが、石野さんの「やっぱマントルでしょう。」の一言で決定です。しかし、程よく疲れたみんなの体には、全身のテンションを必要とするムーブの連続はきついはず。最後のマントルもキツイが、スタートのチムニーも侮れない。なんせ疲れる。落とせそうで落とせない状況がひたすら続きます。みんなスタミナの限界って感じで、ギリギリのムーブもプライド捨てて頑張ります。元気な時に登れば、なんでもない課題かもしれないけれど、このセッションでの勝利を目指して闇雲に百万回トライ。いじけて他の課題に逃げたりしない彼等がカッコいいのか、引力を発生させた彼等がすごいのか。こんないいセッションのできる場所が無くなるのは、少し惜しいなとも思えてくるが、ま、仕方が無いですね。
 結果はといえば、ドデカイ入道と共に、大西君がガッチリ決めて勝利。猛者、石野さんと続き、ナオは惨敗しました。面白い課題をセットしたって登れないんじゃカッコ悪い。反省します。北海道、悔しいランキング3位決定。しかしテツロウのお勧めボルダラー、石野さん、大西君のカッコよさは凄まじいな。やる気がでるでる。次は負けませんよ。
[PR]
by b3plus | 2005-01-23 21:20 | 登る
<< 猛威 NaoからNaoへ >>