----Supported by----GREGORY FiveTen Cloudveil ROPEGUN Hitme
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ゲスト
c0028573_15375444.jpg 2004年、札幌に遊びに来てくれた、たくさんのゲスト達。そのトリは若いのに部長職の健さんです。(酉年にちなんでなんて、オヤジな健さん。)北海道に登りに来たと言うよりも、日々の激務から解放されたい一心の健さん。そんな彼をいたわり、連日の酒漬け、北海道のグータラを満喫させます。なんせ北海道に来て年賀状作ってましたから。
 肝心のクライミングはといえば、雄冬での雪中ボルダリング。誰もが考える、雪が降る中、という意味の雪中ではなく、ローカルでさえ、アホかという量の雪をかきわけ、かきわけてのボルダリングです。つまり、この日は、ハズレ、ということですね。行きの車中では誰もが中止を疑わないほどの吹雪でしたから。でもネジが飛んでユルユル脳みその道産子達、強風で横滑りする国道でも、巡航速度80km/h。
c0028573_15374393.jpg←の写真もなんだかわかりませんね。この日初トライとなる岩に命名。松島屋。壺足アプローチでクタクタの体に鞭打ち、雪に埋もれた岩の救出とは、本当に考えたくもない。雪を落としてリップを露出させればビッシリと張り付いた氷。その氷をバーナーで溶かしてみても、流れ出した水滴がアッという間に氷結してしまう。なんせ氷点下が当たり前の北海道ですから!BST:イノマティーがなぜ雑巾をそえてバーナーを使うのか、自分でやってみて初めて解りました。さりげない行動一つ一つにローカルのカッコよさが出るのですね。ヨソモノは、こういうことを教えられるローカルにこそカッコよさを感じ、岩場に連れて行って!と思うわけです。教えられるといえば、極寒の中のセッションは、広い北海道、いや世界広しといえども、今回のホストローカル:BSTが一番でしょう。靴を履くタイミング、ダウンを脱ぐタイミング、集中力の配分等、そんなこと考えなくたっていいじゃんということが、いかに大切かを教えてくれます。~俺様がこの一年、彼等から学んだ寒中テクニックは、これからのボルダラーにとって絶対に必要となるテクニックだと言える。~ このテクニックを学んでいる優越感、それでも寒さに滅法弱い自分を棚に上げ、目の隅で健さんの衰弱を楽しむのです。
c0028573_14553516.jpg 日も暮れて後、飛行機に乗る前から美味いものだけを想い続けている健さん、念願のエビ丼を食べに増毛へと急ぎます。“増毛の寿司屋まつくら”で名物?甘エビ丼を注文しカウンターに目をやると、スゲーデカイ海老が2尾、こちらを向いています。聞けば増毛のボタン海老だそうで、まつくらの大将も「増毛でねーと喰えねーど」、と仰ります。実際出てきた握りのデカさもスゲーが、その頭の味噌汁はカニが入っているんじゃねーかと思ったくらいインパクトがありました。東京で食べるには、いくら払えばいいのか皆目見当もつかない一品。場所代込みで、万は超えるだろうなー。「北海道に来て、本当に良かったよ。」寿司を喰う為だけに北海道に来た部長様。
 帰りに大将が「どっから来た?」と仰られますので、「そこのパン屋の友人です。」と答えますと、即座に、それはもうすぐに「なんだ、これか?岩登りか?」とのこと。それを聞いたローカルボルダラーの猛者君、ゲラゲラ大ウケし、「フヒヒ、増毛でスカンピンていったらパンじゃないんすか?ヒヒッヒヒッ。」笑いすぎ。

ちなみに帰りは増毛~雄冬間の温泉“あったま~る”で、?
[PR]
by b3plus | 2004-12-31 14:36 | 登る
<< 新年も増毛 残念な >>