----Supported by----GREGORY FiveTen Cloudveil ROPEGUN Hitme
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
B3のコンペ
ヒジが臨界点突破している。

 ドッカブリ壁で猛者プロジェクトに手を出しやられた。ひっじょーに難しいスローピーなホールドを足ブラで。って全盛期でもようやらんわ。でもな、あっさりそのプロジェクトを初登しやがった新大学生はきっと辛いグレードつける気だ、きっと。しかし俺様の苦手な極ムーブをトライしている二人は、実にいいモルモットだ。いつもなら猛者だけを観察することで気付き、それを実践し、確証へと変える一連の思考が、一人増えるだけで俄然解りやすくなるから不思議だ。今日もできないはずの極みムーブが手に入ったし。
 俺様に無い動きしかできない、そんな猛者を観察することで、苦手だった動きが次々手に入る。それはこの数年間の悩みがあったからこそなんだけれど、別人だよホント。テツ兄から「ナオらしくねー。」と言われるってことは、よっぽどだと思っていい。セッションの為とはいえ、苦手だったはずの足ブラ+スローピーの連発設定をするようになるとは誰が予想しただろうか。でもエンジンのボアアップだけ上手くいって、まだシャーシとの整合がとれていない感じがする。疲れてくると途端にプロジェクトの精度が上がる、目がまだ昔のままみたいだ。

最近の進化は本当にミンナのお陰だと言える。

千葉B3コンペ速報あります。
[PR]
by b3plus | 2005-07-08 04:37 | 登る
<< 業務連絡3 セッションでもしよか。 >>