----Supported by----GREGORY FiveTen Cloudveil ROPEGUN Hitme
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
きのう
 昨夜は、筋肉で修正すれば簡単に終わる課題でも、例えるならば、スラブを登る時のフリクションクライミングのように、丁寧にあらゆる可能性を探ることに集中していた。新しく理解した内容と、その応用方法を確認することだけに集中し、無理に筋力で耐えるということをご法度にしてみた。凄い、今までスローパー嫌いで苦手だった俺様が、全く力を絞らないでスローパーを保持、移行できるようになった。もちろんネジを飛ばしてトライしたわけではないし、筋肉はいまだリハビリの域を出ない。本当に力を抜いて、全く意識しない感じでトライできた。もしネジを飛ばした状態で、あんなトライができたらと思うとニヤけてくる。昨夜のスローパーでの結果なんて人に言わせりゃ人並みレベルだけど、あの動きをゴミカチでもできるようになっている、という所に本質がある。本当の俺様を知っている人は、どうぞ脅威に感じて欲しい。

 昨日より今日の進化、既に3日前の結果なんてもう幼稚園レベルに感じる。ヒトツの完成が次へのステップでしかないなんて、久しぶりの感覚だ。5年前から試行錯誤、思い悩んでいた動きを、ここ北海道で発見し、その一片の答えを見つけ進化過程に乗った今、次のステージへ向け狙うイメージは、B3オーナーと、沖縄の天才、この二人。やっと射程距離。筋力が戻らない状態でこの進化、クライミングて面白かったんだね。その次のイメージも用意しているので、今度は2年以内にモノにしたい。

思い込みと、固定概念の払拭に5年。
[PR]
by b3plus | 2005-05-13 14:29 | 駄文
<< 海と海 旅とは? >>